現行の所得税の「基礎控除」は、年収から38万円を差し引く
仕組みとなっています。
それを、納税額から一定額を差し引く「税額控除」に転換しようと
しているらしい。
つまり、所得の段階で差し引くのではなく、納税額から差し引く仕組みにする
そうだ。いわゆる「所得控除」から「税額控除」に変えようと考えているのだろう。

現在の所得税の仕組みである累進税率の元では
低所得者にとっては、確かにトクする制度となるでしょう。
けど、問題は「税額控除」がいくらになるかということですね。
たいした金額でないならば、低所得者にとっては
今までとたいして変わらないんじゃないかな。

港区・品川区の格安顧問料の税理士事務所