配偶者控除が最近、話題になっています。
配偶者控除とは妻の年間給与収入が103万円以下なら、
夫の所得金額から38万円を差し引くことができる仕組みです。
もっとも、妻と夫が逆の場合もあるでしょう。
なお、所得税法上は、配偶者特別控除というものがあり
103万円を超えても141万円まで
緩やかに控除を減らす仕組みとなっています。
そのため、所得税法上「103万円の壁」というものはないのです。
しかし、配偶者手当というものを支給する会社があり、その基準が
妻の年間給与収入103万円以下となっていることが多く
103万円までしかパートをしないという人が多いというわけ。
まぁ、税制を変えれば、基準を変える会社が多くでてくる
ことは間違いないでしょうね。

港区・品川区の格安顧問料の税理士事務所