親族は、国税庁通達に沿って贈与税の申告を行っている。
これに対し、国税局は通達の形式適用を認めず、
申告された別会社の株式評価額が低すぎると認定し課税したということだ。
総則6項による否認なのかわからないが、非常に興味がある件ですね。
いずれ、詳しい情報が入ってくると思いますので
そのときにもう少し掘り下げたいと思います。

(この通達の定めにより難い場合の評価)
財産評価基本通達6 この通達の定めによって評価することが著しく不適当と認められる財産の価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する。

港区・品川区の格安顧問料の税理士事務所