法人が役員に対して支給する給与の額のうち定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与に該当した場合は損金となります。ただしこの中で、定期同額給与が一番利用しやすいため、会社を設立したばかりの人はこれに該当するように会社から給与をもらうことにしましょう。
 定期同額給与とは、支給時期が1か月以下の一定の期間ごとである給与で、その事業年度の各支給時期における支給額が同額である給与のことをいいます。簡単にいうと、役員が毎月もらう給与が同額である場合の給与のことをいいます。
 例えば、同一事業年度中の役員がもらう給与が毎月30万円で同額であるならば、定期同額給与となり、全額、損金となります。なお、同額となる給与というのは額面の金額のことであり、所得税や社会保険等を差し引かれた手取りの金額のことではありません。

港区・品川区の格安顧問料の税理士事務所