相続税は相続または遺贈により財産を取得した人(以下、相続人等)が納税義務者になるのですが、相続人等の住所が国内にあれば、国内財産だけでなく国外財産も課税対象となります。このような納税義務者(居住無制限納税義務者)が、国外財産に対して海外の相続税に相当する税が課されている場合には、外国税額控除といった制度がありダブルに税金がかからないように相続税額から控除できるようになっています。


港区・品川区の格安顧問料の税理士事務所