医療費控除の対象となる医療費の金額は、その年中に実際に支払った金額に限られています。その年度中に治療が終わっている場合であっても、未払となっている医療費は、その年の医療費控除の対象とはなりません。

例えば、昨年中に治療が終わっている場合であり、治療代金の総額は50万円だったとします。支払いについては、昨年中に30万円を支払い、残りの20万円は今年になって支払ったとします。
 この場合は、昨年分の医療費控除の対象となるのは30万円であり、残りの20万円は本年分の医療費控除の対象となります。


港区・品川区の格安顧問料の税理士事務所