1  合同会社の社員は、死亡によって退社することとされていますが、その持分について払戻しを受ける場合には、どのように評価するのでしょうか。
2  また、出資持分の相続について定款に別段の定めがあり、その持分を承継する場合には、どのように評価するのでしょうか。

【回答要旨】

1 持分の払戻しを受ける場合(定款に別段の定めがない場合)
  持分の払戻請求権として評価し、その価額は、評価すべき持分会社の課税時期における各資産を財産評価基本通達の定めにより評価した価額の合計額から課税時期における各負債の合計額を控除した金額に、持分を乗じて計算した金額となります。

2 持分を承継する場合(定款に別段の定めがある場合)
  取引相場のない株式の評価方法に準じて出資の価額を評価します。

港区・品川区の格安顧問料の税理士事務所