「税金の話」の記事一覧

未払の医療費

税金の話

医療費控除の対象となる医療費の金額は、その年中に実際に支払った金額に限られています。その年度中に治療が終わっている場合であっても、未払となっている医療費は、その年の医療費控除の対象とはなりません。例えば、昨年中に治療が終・・・

居住無制限納税義務者

税金の話

相続税は相続または遺贈により財産を取得した人(以下、相続人等)が納税義務者になるのですが、相続人等の住所が国内にあれば、国内財産だけでなく国外財産も課税対象となります。このような納税義務者(居住無制限納税義務者)が、国外・・・

定期同額給与

税金の話

 法人が役員に対して支給する給与の額のうち定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与に該当した場合は損金となります。ただしこの中で、定期同額給与が一番利用しやすいため、会社を設立したばかりの人はこれに該当するように会社・・・

キーエンス創業家、1500億円申告漏れ

税金の話

親族は、国税庁通達に沿って贈与税の申告を行っている。これに対し、国税局は通達の形式適用を認めず、申告された別会社の株式評価額が低すぎると認定し課税したということだ。総則6項による否認なのかわからないが、非常に興味がある件・・・

配偶者控除

税金の話

配偶者控除が最近、話題になっています。配偶者控除とは妻の年間給与収入が103万円以下なら、夫の所得金額から38万円を差し引くことができる仕組みです。もっとも、妻と夫が逆の場合もあるでしょう。なお、所得税法上は、配偶者特別・・・

所得税の基礎控除の見直しへ

税金の話

現行の所得税の「基礎控除」は、年収から38万円を差し引く仕組みとなっています。それを、納税額から一定額を差し引く「税額控除」に転換しようとしているらしい。つまり、所得の段階で差し引くのではなく、納税額から差し引く仕組みに・・・

ページの先頭へ