弊所はお客様にできるだけご負担をかけずに、かつ、品質の高い専門サービスを提供するためにはどのようにしたら良いのか研究を積み重ねてきました。

  次のような努力等の結果、お客様からのご相談に回答する時間が以前より短くなることができました。1社1社のお客様のサポートに要する時間が短縮できたわけですから、顧問料を引き下げても税理士事務所としての適正利益は確保できるのです。

  ですから、顧問料が月額5,000円からでお客様に満足いただけるサービスが提供できるわけです。

1.税務会計、融資等の実務ノウハウのマニュアル化

 街中にある税理士事務所へのお客様からのご相談内容についてぶっちゃけますと、ある程度パターンが決まっています。弊所ではよくあるご質問について回答マニュアルを作成していますので、各スタッフがお客様にスピーディに受け答えできるのです。

2.有名税務訴訟のデータベース化

 弊所の代表税理士である中島は租税判例研究会に10年以上所属しております。有名な税務訴訟についてはデータベース化し、このデータベースを使うことによって、お客様からのご相談にかかる時間がさらに短縮できるようになりました。

3.専門業務については最新のソフトの活用
 税理士業界で定評のあるソフトを厳選して使うことによって、計算のスピードと正確性が飛躍的に高まります。

4.クラウド会計の活用

 MFクラウド会計、freeeなどクラウド会計を積極的に活用していますので、弊所での作業が短縮しています。

5.電話、Skype、メール、郵便の利用

 既存の税理士事務所は、「巡回監査」といって毎月、お客様の元に訪問をし、帳簿や資料のチェックなどを行うことにより、正しい記帳処理が行われているかの確認や、アドバイスを行っています。しかし、考えてみてください。はたして、現代のようにインターネット、メールや携帯電話が普及している世の中で、そのようなサービスは必要でしょうか?決算対策や銀行借り入れ等の訪問ならともかく、毎月の訪問は、私は必要ないと思います。電話、Skype、メール、郵便を利用すれば、正しい記帳処理が行われているかの確認や、アドバイスは充分可能です。弊所では、原則として「巡回監査」を行わないため、いただく報酬が低額となっています。なお、どうしても「巡回監査」をご希望の方には、報酬をある程度上乗せしていただくことで提供をすることはできます。

6.お客様に弊事務所に来ていただく

 お会いしてのご相談等がある場合には、原則として、お客様の方から弊所に来ていただくことになります。そのことにより、弊所での作業が効率化でき、いただく報酬が低額でも適正利益が確保できる状態となっているのです。なお、弊所は最寄の駅(六本木)から歩いて3分以内なので、お客様の負担にはなりません。また、報酬をある程度上乗せしていただくことで、お客様の方に、こちらからお邪魔することも、もちろん可能となっています。